忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

06.25.02:29

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/02:29

12.10.02:20

足首を寝違える事も可能です。


IMG0606A.jpgありとあらゆる事を
週末に託したつけの清算に
追われる鈴木。

体調は未だ戻らぬ。
加えて、金曜日から
左足首を負傷し歩行も困難。
原因不明の負傷である。
学校の医務室にて診察を受け、
軽く無い捻挫との診断を頂く。
つまり、重い捻挫。

転んだ覚えも無いので、
恐らく寝てる間に、
ブレイクダンスでもしたのかもしれない。
実際、原因は迷宮入り。

しかし足首を寝違える馬鹿がどこに居る?
生まれてこのかた初の出来事である。
心底、己の愚かさに絶望的な気分。
ま、徐々に歩行速度は加速中。
寝る際にも足に呪文をかけてから就寝。
そのおかげか、右足首は無事である。

IMG0609A.jpg今日は夕方まで学校にて練習。
後、小劇団の芝居を観に行ってきた。
演出家はフランス人。
中国に5年間居るだけあって、彼の中国語は素晴らしい。
彼以外は皆中国人。
この劇団の人たちとは、友達のライブを観に行ったときに知り合いになった。中央戯劇学院の卒業生なんかも居て、時折食事に誘ってくれたりと良くしてくれているのだ。

芝居は私一人、笑いに着いていけない場面が多々あったけれど、構成が日本のショートコントの様に、題目に沿って順番に流れる芝居だったので分かりやすく面白かった。

そして音楽のセンスにフランスの風を感じた鈴木。
帰りのタクシーの中では、パリの小娘気取りで鼻歌。
が、家の大門の錠前を盗人の様に開けている時には、現実に戻った。
何がパリの小娘だ。
お洒落泥棒が平屋を狙う訳がなかろう。

私の頭の中では現在、サザエさんのオープニングテーマが鳴り始めた。もう時既に日曜日・・・。
焦ったら負けだ。
やらねば!!
らねば!
ねば!
ば!

(やまびこ風)


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら