忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

09.21.22:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/21/22:50

01.15.00:34

不到黄河不死心。


年を跨いで滞在した西安に別れを告げたのは10日の夜。
夜行列車に13時間揺られ揺られて、北京に翌日の早朝到着・・・。
我が家に辿り着いてからは、休む間もなく荷物の詰め替え・洗濯。
昼過ぎに街に繰り出し必要物資の買い出し。
まず先に軽くて大きいトランクを買い、その中に購入物を次々に投げ込みつつ、
北京の街をガラガラと大きな音を立てて闊歩。

好奇の目など気にせず勇ましく闊歩する鈴木。
何本も友達からの電話を受けるが、残念ながら北京に戻って居るとはいえ、
時間の関係上、会う事が出来ぬ事を告げ、無念さを振り払うかのように、
更にスピードを加速。

飛行機のチケットを旅行会社に取りに行った時には、既に21時。
トランクをガラガラさせたまま、仕事の打ち合わせ兼食事会に出向く。

再び我が家に辿り着いたのは夜中の一時。
シャワーを浴びて、洗濯物を取り込み、出発準備に取り掛かる。
うまく回転しない頭をたまにシェイクしつつ準備完了した時間、早朝5時。
2時間後には飛行場に向かわなければならない為、寝て起きられない恐怖からコーヒーがぶ飲みしつつDVD鑑賞。

そして、26時間ほどの北京滞在を得て、向かった先は
甘粛省蘭州。(カンシュク省)

ドンドン北に向かっています。
さすがに24時間を越える汽車旅は課せられなかった・・・笑

P1130782.JPGさてさて、なんと、
終に鈴木は
零下10度の寒空の下、
黄河を渡りました。
ええ。
あの、黄河です。
しかもイカダで・・・。

しかもしかも、羊の皮のイカダで。
首のない羊の皮に風船みたく空気入れて膨らました、
それはそれは、見た目の恐ろしい代物です。

P1130787.JPG船長さんは言いました。
「世界一安全な乗り物だ!!」
と。




・・・。
横目でチラッと救命胴衣を見た鈴木に、
船長さんが言いました。
「あんなもの必要ねぇ!!」
と。

P1130801.JPG流れの急な場所に着いた時、
船長さんが言いました。
「じたばた騒ぐと落っこちるぞ!!」
と。

・・・。

目を細めて遠くを見ると、
いかにも近代的で安全性の優れた
見た目もかっこいいモーターボートに乗っている
スタッフ各位の姿がありました。

私に向かって手を振っています。P1130816.JPG
イカダにしがみ付いている私に、
手を振り返す余裕などミジンコ程もない訳で、
寒さだけではなく強張っている顔で
必死に笑顔を作る健気な鈴木でありました。

恐るべし<麺ロード>・・・。
麺食べてるだけじゃ、
ないんだよね。
ええ。

P1130827.JPG(ちなみに番組を見た方からのコメントを発見し、嬉しい鈴木です。)

←日本語勉強中のカン君。
「とぉても、すずしぃ、ですか?」

・・・。
惜しい。この状況の場合、<寒い>と言うのだよ。カン君。
















PR