忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

06.28.21:13

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/28/21:13

01.09.02:20

幸せ色の青い空。


毎年、お正月になるといつも思う。
年が明ける事の何がどうして、
おめでたいのかという事。

天邪鬼スズキです。

皆さん、お餅食べましたか?
おせち料理は食べましたか?

私はまだ西安に居ます。
この地で3本分の撮影をしているのです。
北京より暖かなので、ほんの少し嬉しいです。

最近、やっと、認めました。
何かを選択し進む事は、
同時に何かを手放す事なのだと。
自由を得る事は危険を伴う事なんだと。

全てを手中に収めようと、
欲を出せば、全てを失う。

失うものなど、
もう何も無いと、強がっても
意味がないし、
失う事を恐れて、
何も選択しないでいる事は、
ただの責任逃れでしかないのだと。

まだ何かを成せなくても、
少なくとも
私は私自身の代表として、
ここに、
存在しているという事を
そこに、
意味を見出さねばならないのだという事を。

意味不明。

消息不明になるよりましだと、
諦めて、
今年もどうぞ、
皆さんよろしくお願いします。

P1010745.JPG
もうすでに、年明け早々、
昼ドラ真っ青の刺激的かつ悲劇的問題に
直面したりしなかったり。

とりあえず、
空眺めてます。

撮影で出向く様々土地にて
空眺めてます。

中国の空も青いです。

何があっても
どこに居ても
貴方が誰でも
私が、君が、
みんなが、
おんなじ空の下です。

もしも、
人生の中で
幸せの配分みたいなものが
あるのなら
私の分は
貴方に、君に、誰かに
全部あげる。

P1010713.JPG願いごとは、
空に。

         2008年1月9日・西安・鈴木美妃
PR

01.02.01:25

西安の夜。


母、西安の夜は綺麗です。
  30-12-07_2031.jpg
30-12-07_2033.jpg30-12-07_2036.jpg










年の瀬迫る29日の夜行列車にて一路西安に向かった娘。
翌30日、無事に到着。
実は到着までにいろいろハプニングがあったけど、
話せば長くなるから省略。
娘は、案外、この地が好きになりました。
とても綺麗。
と、
とても古い(汚い)。
が混じり合っていて、素敵です。

北京に対する愛とは比べ物にならないけれど、
結構お気に入り。

しかし大晦日になると、
やはり恋しくなる我が家×3(赤羽・静岡・北京)。

撮影中にスタッフの一人が
「日本人は大晦日も仕事するのか?」
と聞いてきたので、
「人気者は仕事するよ。」
と訳の分からない答えでごまかしました。
もう既に、紅白の出演者もレコード大賞の行方もさっぱりの娘は、
きっと今頃、大盛り上がりで呑んでいるのかなぁ・・・と、
母を恋しく想いました。

PC310655.JPGPC310645.JPGPC310658.JPG








イスラム教の人たちのお店が集まる通りにて、撮影を終えた後、
カウントダウンを迎える為にあるイベント会場に潜入した撮影班(事情により娘とカメラマン2人)。

01-01-08_0001.jpg31-12-07_2344.jpg01-01-08_0000.jpg










寒空の下の会場にて3時間。
途中イベント出演者の歌手のお姉さんにさり気なく便乗して、
現地イベントスタッフの方に熱いお水をご馳走になりました。
凍える寒さの中、飲んだ熱いお水。
涙が出るほどおいしかったです。
でも、出たのは鼻水でした。

母、そして皆さん。
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

鈴木は元気です。
西安にて、皆さんの健康と幸せを祈りつつ・・・。

おやすみなさい。