忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

11.20.20:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/20/20:50

02.26.21:45

北海道慢遊記<2009・1・17放送回>



友人がネットで検索すれば見られると教えてくれたので、検索してみたら発見。
お時間ある際に、ご覧ください。
 
PR

02.08.03:23

北海道<写真3>と夜のつれづれ。


わ~い。
明日は休みだ!!ってことで、テンション上がって作った八宝菜もどき。
やっぱり、白菜ときくらげのみじゃ八宝菜には逆立ちしたって太刀打ちできない。
つまり二宝菜?
まあ、そんな事を気にするほど繊細じゃないから問題なし。おいしかったし。

さて、トニーも角さんも、(兎にも角にも)
北海道の写真特集は今回が最後です。
誰からも見せてなんて要求されてない厳しい状況の中、
三回に亘ってお届けしましたこの企画。
受けは非常に芳しくなく、コメントの中で写真について書かれたものゼロ。
いいんです。
私、満足ですから。

ちなみに、最近麺ロードを見てくださった方々がこのブログに遊びに来てくださっているようで、
うれしい限りです。
雪の中、駱駝に乗って月の砂漠を歌った甲斐があるってもんです。
あの頃の事を思い出す時、鈴木の目は虚ろになるそうです。(証言者友人Hさん)
この仕事を終えた後、麺作りの腕は相当上がりました。
うどんは基本手作り派。
職人です。
年老いて動けなくなったら、
「麺とわたし。」~麺と共に生きた半世紀~
なんて自伝を書こうかと思います。

もちろん半分冗談です。
・・・。
半分?

以上、無性に東海軒の幕の内弁当が食べたくなった夜のつれづれ。

写真貼ります。

22-01-09_1417.jpg
樹氷と白鳥。
22-01-09_1413.jpg






















 


P1040758.JPG
























P1040756.JPG

























ウィンタースポーツは溺れる心配が無くて好きです。
では。


02.04.02:30

北海道<写真2>


函館にて、ウエディングドレスなんぞを着てしまいました。
もう一人のレポーターの子が可愛いドレスを選んでいるのを見て、
さり気なく彼女のドレスに合うタキシードなんぞを選び男装しようとしていたら、
直前で企みがばれまして、逃げられない状況に追い込まれてのドレス着用です。
・・・。
甘くならない感じでお願いします・・・泣
と言う鈴木の要望に全力で応えてくださったスタッフの皆様ありがとう。
鈴木は素敵なニューハーフのお姉さん風に仕上がりました。
え・・・。
どうとでも言って下さい、頑張って着た結果がこれですから。
ええ。
18-01-09_0904.jpg
























 
函館の朝市で母上に蟹送りました。
無言の圧力を東京の方から感じたので。
蟹さん購入後、鈴木の財布はほぼ中国元のみに。
日本円は僅か321円。
今夜はビール一本か・・・と、
切ない気分になったそんな函館の思い出。

P1040682.JPG

夜景が綺麗でした。
函館。
 
こんな時間に更新、つまり明日は撮影なし。
北海道の秋バージョンが今、上海で放送されているのだけれど、
それを見た中国人の人が、
「あの日本人の日本語はおかしい!!」
とあるサイトでコメントしていました。

・・・。
ほほう・・・。
そうきましたか・・・。

 


 

02.02.00:43

北海道<写真1>

DSC00701.JPG
温泉。。。温泉。。。
15-01-09_0829.jpg
本音は勿論、仕事抜きで行きたい。
札幌は個人的に思い入れのある場所なのでした。
佐々木丸美さんの小説が好きでした。
あぁ、札幌・・・ビール・・・。

01.13.00:08

ススキノ付近のホテルより。


上海から羽田、羽田から札幌。
鈴木再び北海道にやって参りました。
羽田にて乗り換えの数時間、このまま実家に帰ってしまおうか・・・
という衝動に駆られました。
ええ。
グッとそこは堪えて、親族のみに電話連絡。
安否確認終了後、衝動は本屋に・・・。
日本語に飢えていた鈴木は6冊の大人買い。

爽快な舞い上がる気分とは裏腹に、
バックの重量は反比例。

今回は23日まで北海道で撮影し、
その後夜便で羽田へ。
翌日の朝の便で上海、そしてそのまま乗り換えて北京。
東京滞在時間ほぼなし。
25日の早朝から北京で旧正月を日本に紹介する番組の撮影が始まるため、
こんなスケジュールになってしまいました。

親愛なるミズコフ様。(高校時代からの友人)
素敵なマリモを貴方に届けることは不可能です。
しかも、阿寒湖の撮影は秋バージョンで終了済み・・・。

アンド皆様。
中国パソコン所有の鈴木は又しても、
交換プラグを忘れました。
買う時間が無ければ、残り一時間半程でパソコンは使用不能。
充電切れとなります。

取り急ぎ、こんな感じで。

コンビニで購入した黒霧島の水割りを飲みながら・・・。