忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

09.22.06:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/22/06:21

12.18.15:32

弟と妹、爆発的増加中。


汽車に乗るといつも思い出すのは、初めてドラマの撮影で一人長春に向かった時の事。
記録ビデオなんかで見た、戦後の物資の買出しにもみくちゃになりながら向かう人ごみと、
どこか感じが似ている殺伐とした雰囲気が、非常に恐ろしく感じた。
北京から太原は9時間~11時間の旅。
鈍行で行ったため、たっぷり11時間汽車に揺られて再び三西省の地に。
この11時間・・・飛行機だったら、アメリカ着いてる。
今回は一番上の寝台だった鈴木は、固い寝台にただ横たわっている事しか出来ず、
なぜかずっと自分がもし拷問を受けるとしたら、どんな拷問が一番堪えるかなんて事を
しきりに考えていた。

PC140144.JPGPC140152.JPG







今回、太原に来た大きな目的のひとつは、麺職人になる為の専門学校の訪問。
日本でいう高校生くらいの年頃の子たちが日々、手に職をつけるために、家族を守る為に、切磋琢磨。
こうして学校に通えるだけでも恵まれている彼らだけれど、それぞれに多くの期待とプレッシャーを抱えて
頑張っている。
カメラの回っていないときに、ある男の子と話していた鈴木。
鈴木「この学校になんで入ろうと思ったの?」
生徒「面作りを学びたかったから。」
鈴木「もともと、面つくりに興味があったの?」
生徒「・・・少しは。」
鈴木「将来の夢は何?」
生徒「今は自分の店を持って、家族と暮らすこと。」
鈴木「以前はどんな夢を持ってたの?」
生徒「英語の教師。」
鈴木「その夢はなんで諦めたの?」
生徒「大学行く時間とお金がないから。」
彼は話している間ずっと満面の笑顔。
なんでそんなに幸せそうな笑顔が出来るのか、それが一番知りたかった。

15-12-07_1137.jpg15-12-07_1147.jpg15-12-07_1149.jpg14-12-07_1624.jpg










お姉ちゃん、お姉ちゃん!としきりにちょっかいを出してくる彼らは、
日本の高校生に比べると幼い印象を受けるけれど、
自分の現実を誰の所為にもせず、真摯に受け止める事が出来る分、
中身は大人なのかもしれない。

「北京に戻ったら僕らの事忘れちゃう?」
「自分のお店を出したら、一番にお姉ちゃんに食べてもらうよ!」

なんだか、泣きそうになる。
純粋すぎる。
可愛いすぎる。

彼らの頑張りが、いつか必ず花開く事を心から願う鈴木です。

 

PR

無題

泣ける(T_T)

  • 2007年12月20日木
  • K
  • 編集

麵類大好き~

太原市へ行ったことがあるか、すごいね。私は太原人だよ。今大分県の別府市で勉強している。狄仁傑のシリーズの大ファンなんです~ずっとそれを日本語に訳したいから、今頑張ってる。太原市の麺類どう思う?中国の麺類のふるさとと呼ばれてるよ。

  • 2009年12月06日日
  • 神坛小f
  • 編集
Re:麵類大好き~
おいしいよね、麺。太原の刀削面!!大好きです。
2010/01/04 15:52
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら