忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

11.22.16:33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/16:33

12.07.16:31

上海①

魔女の心に匹敵する程の冷たく、アホみたいに寒い北京を抜け出し上海に来て早12日目。



北京の友人達の中には、鈴木が上海人気取って、もう北京に帰ってくる気がないんじゃないか?
なんて噂され始めている今日この頃。
野暮ったい君に上海はお洒落過ぎて性に合わないはずだ!
なんてわざわざ電話してきた友人とは、今後付き合い方を考えようと決意したのは3日前の事。



兎にも角にも、こうして撮影抜きで不慣れな大都市を長いこと放浪するのは始めてだ。
新鮮さと心許ない感じが同居する日々。
最初の数日はホテル暮らしをしたけれど、その後は友人達に多いに遠慮なく面倒をかけ、出張中の見知らぬ方の家に転がり込んでみた。
無遠慮と度胸は、サバイバルに必須の心得である。
どうやらお金持ちの台湾人の隠れ家的住居であったらしく、旧フランス租界の趣きある建物内のこ洒落たお部屋で、お酒も豊富に貯蓄されており、さり気なく赤ワインなんぞをご相伴にあずかっている。



世界が終わると騒がれているけれど、誰も彼も国も人種も関係なく、一緒くたに消えて無くなるのなら、それはそれで素敵な事のように思えてきたこの頃。



生きる意味を哲学する前に、生き抜く意思や術を身に付ける事。
それがどんなに格好悪くても、誰かを笑わせられるくらいが、笑われてるくらいが、丁度いいのかもな。

つづく。

PR

無題

世界が終わるといわれてるあの日・・実は
ウン千年の時代の大晦日~すなわちハイパー超晦日なんですよ!w

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら