忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

06.25.02:30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/02:30

04.10.23:37

肉。


10-04-07_1438.jpg昼の三時くらいに仕事が終わり。
お外にほっぽり出された鈴木。
ダンスの授業は三時十五分開始・・・。
間に合わん。
と、
潔く諦め、
写真撮りにて頭を日本結いにされた後遺症により
髪の毛がバリバリだったので
急遽、
美容室へ向かった。(この写真は、中国人がイメージする日本人女性のうつむき角度です。・・・はい。)

ここからが、本題。
向かった某美容室で
眼鏡かけた某美容師の兄さんが

「肉・・・食べたいな。」

とか、独り言のように
話をこの先発展させる気も無い感じで
ただ自分の欲望を言い放ってから

帰宅後1時間、

妙に、<肉>が食べたくなり
近場の中華屋に入った。

肉・・・肉・・・肉・・・
肉・・・・肉・・・・肉・・・・

回鍋肉・・・?

注文し、なんだかイメージの肉とは違うが、
まあ一人で焼肉って訳にもいかぬと、
自分をなぐさめ待つこと5分。

チンジャオロース登場。

「回鍋肉頼んだんだけど?」

店員「回鍋肉です。」

「違うよね。チンジャオロースよねこれ?」

店員「うちではこれが回鍋肉。」

「まさか!!!怒(不会バ~!!)」

店員「いや、本当に。まじで。」

「・・・。」

なんだか、無性に腹が立つやら、

悲しいやら、

滲む涙を飲み込み

ほぼ残して帰宅。


肉食いたいとか言ってた眼鏡の某美容師様。

すべて、貴方が悪い。
イライラ・・・・。

01-04-07_1340.jpg
これは、 
回鍋肉イメージ写真です。
学校の食堂にて撮影。

PR

好吃ma?

回鍋肉が美味しくて
いつも同じお店で食べてましたが
毎回味が違いました・・・
辛い・甘い・濃い・薄い等等
(それでも美味しいんですが)
中国のシェフは気分屋さんですかね?

  • 2007年04月11日水
  • xiaozhi
  • 編集

第1話

お久しぶりです。

トイレにて、うっかり便座を下げ忘れて
座ってしまったものの、
尻が嵌る事も無く、ひんやりしただけで
普通に座れてしまった僕です。
うちの便器が小ぶりなんだぜ。
きっと…。

普段から凛々しい鈴木に…それは、
(鈴木+日本髪)*和服=「覚悟しぃや~」的な事なのか?


実はその美容師が肉カルテルの一味で、
サブリミナルな営業手法で組織拡大を
目指して日夜客の耳元で「肉…肉…」と
囁き続けているのでわ!?
…恐ろしい。
まんまと洗脳された鈴木はそれと知らず一味のアジトの中華屋さんへ。
そこで働く人々は、回鍋肉と青椒肉絲の区別が付かない程に。
最早、廃人同然。
釈然としない胃袋が悲鳴を上げる。
何とか泣きながらも魔の手を逃れた鈴木。

やっとの思いでたどり着いた学食。
鈴木最後の力を振り絞り一言「水を1杯…
いや、回鍋肉を肉多目のご飯山盛りで」
出てきた熱々の回鍋肉!
「これだろ、これ」
途切れかける意識の中、鈴木は肉を、キャベツを、ご飯を掻き込んだ。
…「げふーー。」幸せと二酸化炭素が入り混じり
大蒜と辛味噌の香りと共に口腔よりあふれ出た。

その食事、
実に1400Kcal!!!
「ななっ、何っ!」
ここにも敵が!
鈴木ピーンチ!
明日に向かって…否!
消費に向かって走れ鈴木!次回第2話に続…かない。

なんのこっちゃw
長々ごめんなさいm(__)m

  • 2007年04月12日木
  • 靖男
  • 編集

気をつけてな

いつのまにか中国!またなぁ、時間たつの早いな

  • 2007年04月13日金
  • エロロ軍曹
  • 編集

真弓の似顔絵


  _△_
 / 王 \
|/―∨―\|
|\・п・/|
ε` ̄┗┛ ̄ 3
ε ━━━) 3
εωω△ωω3

また②肉に惹かれて…
キン肉マン大王(真弓)で㌃
勘違いした人ごめんなさいネ!
( ゜艸゜)ッブ

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら