忍者ブログ

流されずに流れる大陸放浪娘 ~極めてプライベートなOfficial Blog~
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/26 とと兄ちゃん]
[03/19 kuma]
[03/13 kuma]
[03/12 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]
[03/11 通りかかりの変な日本人(ー ー;)]

08.17.22:39

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/17/22:39

03.20.03:13

それもまた「プライスレス」。


こんばん・・・み。

始まってしまいました。
学校再開。
久しぶり過ぎて、授業時間が果てしなく長く感じました。
早くまたこの生活に慣れねばなりませぬ。

初日からがっつりと濃い授業展開。
声楽の授業では、前に出て一人ずつ歌わされ(中国人なら誰でも歌えるという有名な曲が課題)、さっぱり聞いたことのなかった鈴木は、順番が来るまでの間に必死に覚え・・・。
歌いきって安心したのは束の間、

先生「体に力が入っているわリンムー!!手を空に向かって高く上げて、軽くスキップしながらもう一度!!」

・・・え?

微妙にいやがらせかと疑う鈴木。
ま、私の前にも同学の数人は、アラベスクしながらとか、爪先立ちで回転しながらとか、マイケル並みの奇声を何度も発声させられたりとか、やらされてはいたけれど。
自分もその被害の仲間入りするとは思わなんだ・・・。
無念(26歳・猿女)

演技の授業じゃ、以前書いた教室中が阿鼻叫喚地獄絵図の巻き再来。悲しみのバトン(言葉を使わずに悲しみを表現し、それを端から次の人に伝えていく)なるものをやり、鈴木の番が来るまでの間に、一人・・・また一人と悲しみに泣き、もだえ、倒れこみ、転がり、胸をかきむしり、絶叫し・・・
じわりじわりと増殖していく悲しみの伝道師ちゃん達。
光景に圧倒された鈴木は、一瞬ですが本気で逃げようと思いました。はい。
そして初日だからと、綺麗にお化粧していた女の子の流す
黒い涙。
あれは間違いなく、ホラーでした。

何はともあれ、無事に初日終了。
無事・・・だったのか私は?

宿題は連日の徹夜作業により、半分完成!!
万歳!!
残るは7本の脚本制作(小説改編)と台詞の授業の早口言葉暗記12個と、発音理論の論文2本のみ!!

完成した演技技術の創作任務についての論文は、だから・つまり・しかし・もちろん・もしかしたら・でも・しかしながら・きっと・もしも・さて・ところが等等を随所に頻繁に景気良く満載し、起承転結はもっての外、読み返す事をも躊躇する春風の様な・・・いや、花見でついつい呑みすぎてしまった新入社員の女の子の様な・・・甘酸っぱい・・・はっきり言えば、しょっぱい作品になってます。

プライスレス。

ちなみに、教室に最後の一人として入った瞬間に、
自分の足に躓いて派手に転んだ鈴木。
もうすでに、笑いの神は降りてきています。
受身も綺麗に取れてました。

「リンムー!!よそ見して歩いたらだめだよ!」(16歳・男)
「あんたが急に話しかけたりするからリンムー転んだのよ!」(18歳・女)

・・・。
チクリと痛む心。

プライスレス。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら